NEWS

2017年11月20日

11月19日をもって、展覧会「北斎-富士を超えて-」は終了いたしました。会期中は26万人を超えるみなさまにご来場いただきました。ありがとうござました!

2017年11月4日

展覧会「北斎-富士を超えて-」は連日、非常に多くのお客様にご来場いただいております。混雑の状況によっては整理券をお配りすることがございます。あらかじめご了承ください。

2017年11月14日

広報物・制作者のコメントを掲載しました。

2017年10月11日

連日たくさんのお客様にお越しいただき誠にありがとうございます。
チケット購入にお時間を要しますので、事前に購入してご来館いただくことをお勧めいたします。チケットはオンラインチケット(公式サイト)、コンビニなどで販売しております。また、火曜日から金曜日は午後8時まで開館(入館は7時半まで)しております。夕方以降は比較的ゆったりとご鑑賞いただくことができます。

2017年10月19日

オリジナルグッズを掲載しました。

2017年10月11日

図録を掲載しました。

2017年9月21日

わたしの好きな"北斎"(俳優・三宅弘城さん)を掲載しました。

2017年9月12日

関連イベントわたしの好きな"北斎"を掲載しました。

2017年9月11日

収録風景

北斎展の音声ガイドの収録が行われました!
スペシャルナビゲーターは俳優・三宅弘城さんです。NHK特集ドラマ「眩~北斎の娘~」で北斎の1番弟子役として出演される三宅さん。「構図を無視した面白さや、それを超えるダイナミックさが北斎の魅力」と語ってくれました。ドラマに劣らず「江戸らしさ」が全開のナビゲートにぜひご期待ください!

2017年9月1日

関連番組NHK公開講演会を掲載しました。

わたしの好きな"北斎"

各界でご活躍されている著名人の方に“北斎への愛”を語っていただきました!

Q1. 北斎で一番好きな作品とその理由

Q2.「北斎-富士を超えて-」のみどころ

Q3. 出演番組・イベント情報


三宅弘城さん(俳優)

三宅弘城さん(俳優)

「富嶽三十六景 尾州富士見原」 大英博物館 ©The Trustees of the British Museum.

Q1.「富嶽三十六景」

絵を見て描かれている人物の気持ちを想像したりと、いろいろな感想をもちました。北斎の絵には構図を無視した面白さだったり、それを越えるダイナミズムがあると思います。


Q2. これだけ一度に北斎の作品を見られることはなかなかないと思います。本当に面白いです。どうぞご期待ください。


Q3. 番組 特集ドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」 詳しくはこちら


宮本亜門さん(演出家)

宮本亜門さん(演出家)

「雪中虎図」 個人蔵、ニューヨーク

Q1.「雪中虎図」

90歳、死期を悟った正月に描かれた絵は、天を見つめ穏やかに宙を泳いでいく虎。何と幸福に満ちた表情だろう。無我夢中に生きた北斎しか描けない最後の1枚だ。


Q2. 北斎は浮世絵もいいが、何と言っても肉筆画。特に家が全焼した80歳から死ぬ90歳までに描いた絵がとにかく凄い! 今回はその時期の作品も多く展示される。大英博物館でのチケットは即完。それだけ素晴らしいものだった。必見です!


Q3. イベント「演出家・宮本亜門 北斎を語る」 詳しくはこちら


ロバート キャンベルさん(日本文学研究者)

ロバート キャンベルさん(日本文学研究者)

Q1.「雲龍図」

晩年、英語で言うディープオールドエイジに近づくほどに北斎は凄みを増していく。技術の熟練はもちろんのこと、テーマと構造、筆の疎密、大胆にして細やかな筆さばきなど死に近づくにつれてふっきれたごとく、全身全霊の力がこもっている。


Q2. 今回の北斎展では肉筆、それも最晩年の大作にアートの真髄を見ることができる。必見!


Q3. 番組「Face To Face~ティモシー・クラーク~」 詳しくはこちら

「雲龍図」 ギメ美術館 Photo © Musée Guimet, Paris, Dist. RMN-Grand Palais / Thierry Ollivier / distributed by AMF

Twitter(@hokusai2017)

  • 手数料無料!自宅発券・スマホ入場が選べます! 公式オンラインチケット
  • プレスリリース/PDF/12.2MB
  • チラシ/PDF/13.8MB
  • チラシ/PDF/2.42MB
  • チラシ/PDF/4.32MB
  • 広報物・制作者のコメント

「狂気だ。」

浮世絵師・葛飾北斎。
彼が90歳まで、描き続ける中で追い求めたものはなんだったのだろうか。
そんなことを想像しながら北斎の作品や人となりの魅力の虜になりました。
晩年、「画狂老人卍」と名乗り90歳で没するまで次々と作品を生み出していった北斎。
なぜ、そこまでして描きつづけたのかその制作意欲に狂気を感じました。
思い通りに描けない葛藤、追求し続けた技術力、無限の想像力、溢れる情熱、
描いて描いて描き続けた先に求めた「神の領域」。
そんな北斎の絵にかける想いを妄想し北斎の魂を受け継ぎ(ほんの少しだけ)、
「画狂デザイナー卍」として展覧会の広報物作りに没頭しました。
ぜひ、みなさま会場で北斎の狂気を感じにきてみませんか。

大英博物館国際共同プロジェクト

北斎ブームが世界へ。
大英博物館ではおよそ70年ぶりとなる北斎展が開催されます。
世界各国で所蔵されている北斎の作品が、大英博物館とあべのハルカス美術館に集結。
2020年東京オリンピック、パラリンピックを控えた今、世界が日本の北斎に注目しています。


詳しくは「みどころ」へ

晩年の30年間に焦点を当て、
北斎の〝人となり〟に迫ります

「70歳までに描いたものは取るに足りない」と言葉を残した北斎。
70歳を過ぎて「富嶽三十六景」を完成させた後も精力的に生み出しました。
北斎の晩年30年間に焦点を当て、神の領域に至るべく描き続けた、
画狂老人・北斎の〝人となり〟に迫ります。


詳しくは「みどころ」へ

「富嶽三十六景」だけじゃない!
肉筆画約60点を中心に、約200点を展示

北斎の卓越した筆遣いや色彩の美しさは、肉筆画でこそ感得できます。
版画とは違い、肉筆画は世界に1点しかありません。
森羅万象を描き続けた北斎の一点一画をご覧ください。


詳しくは「みどころ」へ